ゲームと音楽と子育てと

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

【ゲーム】ブレスオブファイアⅢの思い出とストーリーのあらすじ。シリーズと比較とか

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20190117234832j:plain

 

1997年にCAPCOMより発売された

ブレスオブファイアⅢというRPG。

 

初めてプレイしたのは9歳か10歳の頃だったので

かれこれ20年以上前のゲームなんですね。

 

ブレスオブファイアシリーズは後にも先にも

ⅢとⅣしかプレイしたことがないのですが、

その二つが私の好きなRPGトップ5に入っています。

 

 

社会人になってからもPSPの移植でプレイして

裏ボスを倒すくらいやりこんだものの、

やはり長い年月のせいで色々忘れています。

 

今回はそんなブレスオブファイアⅢの思い出。

 

www.capcom-s.jp

 

先日ブレスオブファイアシリーズの

公式ポータルサイトを見つけたので、

それを見ながら記憶を追ってみます。

 

ネタバレ全開です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

舞台とか世界観とか

 

ブレスオブファイアⅢ(以下BOFⅢ)には

二つの大陸が舞台となっています。

 

一つは大昔に機械や科学技術で繁栄したものの

その後、強大な力を持つ竜と女神の大戦で

砂漠の大地と化した「彼の地」と呼ばれる大陸。

 

もう一つは、危険な兵器や竜の力を排除して、

モンスターを含めた全ての生き物が

平等に生きられるように女神が作った世界(大陸)。

 

主人公たちが生活するのは後者の大陸で、

竜が滅び、存在が伝説となった世界で

発掘された竜の卵から生まれた主人公リュウ

己の存在意義を探す物語となっています。

 

f:id:asamushi:20190118101208j:plain

 

BOFⅢの思い出

戦闘システムは普通のターン制であるものの

育成面では師匠システムやラーニングなど、

ちょっとしたアクセントになってて楽しい。

 

リュウの竜変身も、様々な特性の掛け合わせで

色んな見た目のドラゴンになるのも良かったです。

 

 

何よりも好きなのはストーリーなんですけどね。

 

ひたすら逃避行を続ける幼少期と

自身の存在について明かされる青年期。

 

そして幼いころに生き別れたティーポの存在。

 

シリアスとコミカルのバランスがいい雰囲気と

ラストの舞台となる近未来風の古代文明。

 

昔のゲームにありがちな「お使い感」が少なく、

それでいて物語に遊びがある王道のRPGです。

 

f:id:asamushi:20190118110528j:plain

みんな大好き「かんさいいるか」

 

ちなみに、私が初プレイをしたときは、

「ペコロス」というファイアブレスを吐けて

自動回復能力のあるキャラにロマンを感じて

ラストまで連れて行きました。

 

しかし、ある理由で魔法タイプの「賢樹」

という師匠に弟子入りしてしまい、

「魔法攻撃ができない魔法使い」が誕生し

ラスボス戦でかなり苦労をすることに…

 

師匠システムのおかげで、遊ぶたびに

育成の気分を変えられるのがとても良いです。

 

 

懐かしくなったので、色々調べて

ストーリーをざっと洗い出そうと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

ストーリーのあらすじ

序盤

鉱山で竜として発掘されたリュウは大暴れし

そこで働く沢山の人を殺めてしまいますが、

鉱夫Aに不意打ちを食らって捕獲され、

トロッコで搬送されていたところを

近所の悪ガキ「レイ」に助けられ保護されます。

  

f:id:asamushi:20190118101252j:plain

わけも分からず大暴れするリュウ

 

レイの子分である「ティーポ」と共に

しばらくは近くの村の食べ物を奪ったり、

心を入れ替えて魔物退治をしたりして過ごします。

 

やがて嘘にハメられて義賊っぽいことをさせられ、

金持ちに用心棒として雇われたホースマン

「バリオとサント」から制裁を受けてしまい

3人は行方がバラバラに。

 

f:id:asamushi:20190118101339p:plain

左奥からレイ、ティーポ、リュウ

 

その後、竜であることがバレてしまって

バリオとサントに再度捕獲されたリュウは

王都ウインディアの牢屋に入れられますが、

情けで助けに来た王女「ニーナ」と共に脱出。

 

ニーナのおせっかいでレイとティーポの

行方探しに付き合ってもらう途中、

今度はニーナ共々バリオ達に攫われてしまって

そこからも脱走しますがまた捕まりそうになり…

 

そんなこんなで古代遺跡?に住む

失われた機械などを研究する「モモ」と出会い、

植物の変異体「ペコロス」が仲間になりますが、

旅の途中でまたもやバリオ達に捕まります。

 

f:id:asamushi:20190118101521j:plain

金髪が王女ニーナ、背が高いのがモモ

 

バリオ達の目論見で闘技大会で出されたリュウは

大会優勝常連である「ガーランド」と戦い敗北。

 

リュウが竜であると知ったガーランドは

何故かリュウ達一行の身柄を確保します。

 

面子を潰されたバリオとサントの兄弟は

リュウ達を逃さんと戦いを挑んできますが、

これをガーランドと共に撃退。

 

ここでようやく因縁のバリオ・サントに

引導を渡すことになります。

 

f:id:asamushi:20190118101633j:plain

合体したバリオとサントを撃破

中盤

ガーランドがリュウを助けたのは

リュウが竜族で、天使の塔という場所へ

連れていくためだそう。

 

その後旅を続け、なんやかんやあって

天使の塔の近くにあるガーランドの故郷へ到着。

 

f:id:asamushi:20190118101931j:plain

 

ガーランドの正体は400年前に竜族を滅ぼした

女神が率いた天使「ガーディアン」であり、

竜を全て排除するのが使命だとのこと。

 

天使の塔は、邪悪である竜族を封印するための地で

ガーランドはリュウに戦いを挑むが敗北。

 

戦いの後、リュウはガーランドに止めを刺さず

逃げるようにどこかへ消えます。

 

f:id:asamushi:20190118101946p:plain

カイザードラゴンに覚醒するリュウ

 

ーーー数年後ーーー

 

再び竜が現れたとの噂を聞いたガーランドは

リュウが産まれた鉱山でリュウを発見。

 

自分の使命は竜族を根絶やしにすることだが、

それが本当に正しいことなのか確かめたいそう。

 

もう一度、2人で天使の塔を目指すことに。

 

f:id:asamushi:20190118102051p:plain

屈強な戦士と裸の青年…♂

 

旅の途中、レイと再会する。

 

レイは幼かったリュウとティーポの2人を

守れなかったのをずっと悔やんでいて、

バリオ達の親玉である闇市の主に復讐を画策。

 

公務中のニーナ王女とも再会し、

レイと共に闇市の主(モンスター)を抹殺します。

 

強大な力を持つものがいる理由を知りたいレイ。

竜の存在理由を知りたいリュウとガーランド。

そしてリュウを守りたいニーナと共に

一行は天使の塔を目指そうとします。

 

f:id:asamushi:20190118102232j:plain

闇市のボスと戦うニーナ、リュウ、レイ

 

王女であるニーナは公務があるため

リュウ達は少しのお手伝いをすることに。

 

公務先でモモ、ペコロスと再会し、

なんやかんやと問題を解決して天使の塔へ。

 

f:id:asamushi:20190118102408j:plain

ペコロス、モモと再会する

 

天使の塔へ着くと謎の女性ディースの声が。

 

彼女によると女神はここにおらず、

神に会うにはディースの封印を解く必要があり、

封印を解くためにはガーディアン・ガイスト

という男に会わなければならないそう。

 

f:id:asamushi:20190118102607j:plain

 

ガイストは竜殺しに疑問を持ったガーディアンで、

話によると、邪悪とされている竜族は戦いの中で

皆、抵抗することなく滅んでいったとのこと。

 

ガイストの試練を突破し、ディースの封印を解いて

再度天使の塔へ向かうとそこには素っ裸の美女が!

 

ディースに「神の目」を授けてもらい、

一行は女神がいるという遥か北、

海の向こうを目指すことにします。

 

f:id:asamushi:20190118102649j:plain

子どもの頃はドキドキしました…

終盤①

北の海の向こうにあるとされる大陸は

「彼の地」と呼ばれているそうで、

次はそこを目指すということで船が必要に。

 

この世界では海を越える手段はなく、

外海を越えてくるのは流れ着く機械くらい。

 

情報収集をした結果、やはり

リュウ達の世界の船では海を越られないが、

海を漂流しているという外海の船なら

もしかしたら可能性はあるとのこと。

 

黒船とよばれるその船をなんとか掌握し、

一行は海を越え、「彼の地」へ辿り着きます。 

 

f:id:asamushi:20190118102844j:plain

海の向こうは荒野と機械の世界

 

海の向こうは荒野と廃棄物の広がる世界で、

人は住んでいるもののやけに生気がなく

応対も事務的な人ばかり。

 

機械の墓場を抜けて、

古代遺跡に辿り着くとワープ装置を発見。

 

色々あって「ドラグニール」という

聞いたことのない場所へ向かってみることに。

 

 

ドラグニールに着くとリュウ達一行は歓迎されます。

 

聞くと、ドラグニールの民はかつての

女神と竜の大戦のさなか、生き延びるために

竜の力を捨てた者たちが生きる村らしい。

 

力を捨てなかった竜族は皆滅んだが、

いつか生まれてくることを願って

身に子を宿して地下に逃げた竜もいたそう。

 

リュウはそういった竜族の力を受け継いだ

最後の子孫であるとのこと。

 

f:id:asamushi:20190118102942j:plain

ドラグニールの民に歓迎されるリュウ達

 

竜族の長は、世界を滅ぼすとされた

最強の竜の力”アンフィニ”を密かに守っていた。

 

僅かに復讐の心を残すドラグニールの民も長も、

最強の力をもって何を為せということもなく

全ての選択権をリュウに委ねます。

 

無事、アンフィニの力を受け継いだリュウは

死の砂漠を超えて女神のいる「古の都」を目指す。 

 

f:id:asamushi:20190118103019p:plain

長の試練を受け、最強の力を手にする

終盤② 

古の都は一言で言うと荒廃した近未来って感じ。

 

人が去って何百年もたったようですが、

外はアスファルトの道路や街灯が並び

屋内では機械兵が店を営業しています。

 

この奥に女神ミリアがいるそう。

 

f:id:asamushi:20190118103446j:plain

古の都を散策

 

ダンジョンを抜けていくと、

パネルに「エデン」と表示された場所へ。

 

「彼の地」の他の場所では見ることのできない

緑が広がる楽園のような広場に出ます。

 

そして、そこにはなんと生き別れたティーポの姿が!

 

f:id:asamushi:20190118103549j:plain

ティーポと再会するリュウとレイ

 

ティーポは、リュウ達と生き別れた後

すぐに竜の力に目覚め、その強大な力のせいで

周りの沢山の人を脅かしてしまったとのこと。

 

曰く、竜族の力は存在するだけで

世界を揺るがす危険な力で、

女神はそういった竜の力を封印するため

ティーポをエデンに幽閉しているそうな。

 

 

「力のあるものは世界の秩序のために

女神に庇護されなければならない」

というティーポの主張を覆し、

リュウたちはティーポと戦います。

 

最後まで女神の考えは正しいと言いつつも

竜の力なんて欲しくなかった、

レイ達とドロボーでいたかったと言い残し

ティーポはこの世を去ります。

 

f:id:asamushi:20190118103739j:plain

 

古の都の最深部。厳重なプロテクトを超え

遂に女神ミリアのいる神のフロアへ。

 

女神が従えるナビゲーターから、

  • かつて砂漠化が進む世界を2つに分けた
  • 緑の残る方に生き物の大部分を移した
  • 危険な兵器や科学を禁止
  • 安全な機械だけを外海の向こうへ送った

 などなど、世界の根幹に係る部分を聞き、

フロア最奥のミリアの元へたどり着きます。

 

 

なぜ、竜たちは滅びなければならなかったか。

 

この世界で生き物が生きられる場所はほぼ僅かで

どうしても竜を遠ざける必要があったという。

 

ミリアはリュウたちと会話し、

おとなしく女神の力に守られなければ

人と世界は簡単に滅んでしまうと説得し、

リュウに大きな決断を迫ります。

 

f:id:asamushi:20190118103946j:plain

どっちの選択も間違いではない

 

  • 竜の力を捨て、女神と共に生きる
  • 自分の足で歩く

 

この選択により、エンディングが大きく変わります。

 

竜の力を捨てた場合、ティーポのように

楽園に幽閉されてリュウは過ごすことになります。

 

自分の足で歩くと決めた場合、

ミリアは世界を竜の力から守るため

リュウ達一行と最後の戦いをすることになります。

 

 

女神を否定し、自分達の力で生きると決めた

リュウ達が砂漠の遥か遠くを見つめるシーンで

物語は終わりをむかえます。

 

f:id:asamushi:20190118104020j:plain

 

力を持つものの責任と選択

 

幼少期は悪巧みをする奴らに振り回され、

青年期は力を持つ者の責任についての物語です。

 

20年前のゲームなのにテーマに古さを感じず、

王道なのに勧善懲悪ではないところが魅力ですね。

 

 

やはり一番の名シーンは古の都での

ティーポとの再開と決別です。

 

似たような境遇の2人が出した真逆の答え。

 

そこに正解も不正解もないのが良いです。

 

 

私がこのゲームを初めてプレイしたのは

小学2年生くらいの頃なので、

その数年後に買ったRPGツクール3では

よくBOFⅢの設定をパクっていました。

 

というか今でも王道ストーリーを意識すると

リュウとティーポの関係をイメージします。

 

それくらい心に残っているRPGな訳です。

 

f:id:asamushi:20190118111357j:plain

終盤の難所、砂漠越えも印象深い

 

他シリーズと比較すると…?

 

私はⅢ以外はⅣしかプレイしていないのですが、

どちらにも良さがあって甲乙つけがたい…

 

システム的にはⅣの方が完成されているものの

Ⅲは物語の王道さがたまらなく好きです。

 

Ⅳはエグイ展開もあるからなおさらかな…

 

ⅢとⅣは同率でホントに大好きなゲームです。

 

f:id:asamushi:20190118105815j:plain

ブレスオブファイアⅣで印象深いシーン

 

ⅢもⅣも最終局面には重大な選択を迫られ

どちらの選択をしても間違いではないのが好き。

 

あと、物語や舞台設定に破綻がないのが良いです。

 

物語に誤魔化しがあると、あらすじを書いてて

「あれ?」って思う部分が出たりしますからね。

 

 

…なんか書いててBOFⅠとⅡが気になったので

これを機にNew3DSで遊んでみようかな?

 

スポンサーリンク

 

 

 

ブレス オブ ファイア オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス)

ブレス オブ ファイア オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス)

 
うつろわざるもの~ブレス オブ ファイア IV~ コミック 1-5巻セット (BLADE COMICS)

うつろわざるもの~ブレス オブ ファイア IV~ コミック 1-5巻セット (BLADE COMICS)

 

 

 

こんな記事も書いてます

 

www.asa-mushi.net

 

www.asa-mushi.net

 

 

スポンサーリンク