ゲームと音楽と子育てと

これでも一応役に立つこと書いてるつもり

【幕末生チェックメイト回】坂ちゃん「活動休止で納得してもらえなかったから警察と弁護士のお世話になるよ」

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20190224160112j:plain

 

www.asa-mushi.net

 

前回のラジオ(2/22)にて顔バレ騒動や

彼女いる疑惑などで密かに炎上していたようで、

坂本さんが活動休止とする発表をしていました。

 

放送を聞いてからかなりショックだったものの、

その後に送られてきたプレゼント落選メールの中に

「休止は2週間程度」との旨の記載がありまして、

ファンの私もかなり安堵しておりました。

 

 

、今後の生放送予定のタイトル一覧を見たら

 

「3/6 幕末生 チェックメイト」

 

という不穏なタイトルが。

 

 

まさか休止どころか解散すんのか…?

 

という危惧もあって、不安になりながらも

覚悟をしてチェックメイト回を見守りました。

 

スポンサーリンク

 

 

アンチが過熱したから警察と弁護士のお世話に

 

前回の放送で坂本さんの活動休止を発表してから、

幕末志士宛に相方の西郷さんが住んでいる

マンションの住所や画像の添付メールが届いたり、

坂本さんのリーク画像を持っているという

脅迫を含みにしたメールがいくつか届いたようです。

 

幕末生70回を見れば分かりますが、

今回の件は坂本さんなりに本気で風呂敷を畳んで

活動休止もほぼ長期に渡りそうな印象でしたけど、

それでも過熱するアンチに手が付けられなくなり

今回、本気で警察と弁護士のお世話になるそうです。

 

 

「チェックメイト。参りました。降参です。」

 

というスライドが出た瞬間、

「ヤダ…辞めないで…」

私も少し涙目になりながら見ていましたけど、

 

「遊びはやめて警察と弁護士のお世話になったよ。

 犯罪者は震えて眠ってね。」

 

その後、このような内容のスライドに切り替え、

今回の件に対してネットストーカー等の脅迫に

本気で対応することを発表しました。

 

 

よくよく考えれば、全く関係のないカップルも

今回ネット上で拡散され被害にあっているわけで、

幕末志士の二人からしても不本意なのでしょう。

 

騒動の巻き添えで顔が拡散させられる被害に遭った

カップル二人に対しては、坂本さん自ら連絡を取り、

慰謝料を含めて今後保障していくとのことでした。

 

スポンサーリンク

 

 

多分、犯人はまとめサイト運営者

 

坂本さんの「第六感シックスセンス」によると

犯人の一部は匿名掲示板でリーク画像を貼ったりして

まとめサイトを運営している輩だろうとのこと。

 

坂ちゃんは「エゴサの神」を自称するほど

エゴサーチが得意だそうで、今回の件に関して

偽の顔バレ画像を拡散している人たちについて、

ある程度洗い出すことができたそうです。

 

f:id:asamushi:20190224162817j:plain

 

前回の私の記事でも、⇧の検索結果のような

悪意のあるサイトを一掃したいと書きましたが、

諮らずも幕末志士自ら処理してくれるとのことで

私も思わず「ニチャァ」と微笑んでしまいました。

 

告訴や裁判関係の知識は私はありませんが、

今後はSNSや匿名掲示板、まとめサイトなどで

炎上の原因となったリーク画像を拡散した者に

開示請求の書類が届くとのこと。

 

今から記事や投稿を削除したりしても遅いそうで、

幕末志士の本気度が伺える放送内容でした。

 

 

活動休止期間中に法手続きをするのかもしれませんね。

 

とりあえず解散とかはなくてよかった…

 

スポンサーリンク

 

 

坂本さん休止中は西郷さんMさんラジオ

 

前回の生放送でも今後は西郷さんMさんの二人で

ラジオをする案などをサラッと話していましたが、

 

・坂本さんが長期の活動休止にならなさそうなこと

・西郷さんMさんの企画が面白そうなこと

 

これらのことから、今後も楽しみになりました。

 

 

かつて西郷さんはゲーム会社のαテスター、

Mさんはゲーム制作の仕事していたそうで、

二人ともゲームの知識は豊富なんですよね。

(頻繁に自作ゲームをラジオ用に作成してるし)

 

色々な企画をスライドに並べていて、その中でも、

 

ゲーム談義「真剣おしゃべり30代」

→昔と最近のゲームについて良し悪しを語り合う

 

というなんともオッサン臭い企画があって

ゲーム好きな私も非常に楽しみになりました。

 

まぁ、それでなくとも今回の放送からは

悲壮感などを全く感じなかったので、

今後も安心して日常生活を送ることができそうです。

 

 

すでに私にとって幕末志士は生活の一部なのです。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク