ゲームと音楽と子育てと

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

【金田一温泉②】座敷わらし伝説にまつわる『緑風荘』へ日帰り入浴!全焼した建屋再建前のエピソードに驚き。

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20181218203636j:plain

 

先日、気分転換のため日帰り入浴をしようと

岩手県二戸市の金田一温泉郷へと赴き、

訪問した「おぼない旅館」に感動した私は

その足で『緑風荘』へ”はしご湯”することに。

 

今回は”座敷わらしの伝説”で有名となった

『緑風荘』の紹介です!

 

 

前回行ったおぼない旅館からの続きです。

 

www.asa-mushi.net

 

 

スポンサーリンク

 

 

緑風荘に行かずに金田一温泉は語れない

 

金田一温泉と言えば”座敷わらしの伝説”で有名です。

 

◎ 座敷わらしとは

古くから岩手県や青森県の南(南部藩)を中心に伝わる子供の姿をしている 精霊的な存在とされています。
住みついた家や、目撃した者に大変な幸運をもたらす存在として伝えられています。

引用:座敷童|亀麿神社|岩手県二戸市金田一温泉 緑風荘

 

特に緑風荘は”座敷わらしが出る”ということで

1980年代から有名になった旅館だそうで、

金田一温泉郷を代表する温泉旅館のようです。

 

f:id:asamushi:20181218155046j:plain

座敷わらし伝説の宿 緑風荘

 

他の旅館に比べて緑風荘は妙に建物が新しくて、

最近できた旅館なのかな?なんて思いました。

 

ネットのレビューを見てみると

私が大絶賛した「おぼない旅館」と同じく

☆4.4の高評価だったので、かなり期待して

駐車場傍の門から玄関へと歩みを進めました。

 

f:id:asamushi:20181218161137j:plain

なんだか高級旅館っぽい門構え

 

f:id:asamushi:20181218161334j:plain

森の住人達も歓迎ムードたっぷりです!

 

入館!ピッカピカの館内と温泉でした

 

改装したのかと思うくらい綺麗な玄関を抜けて、

フロントで日帰り入浴だと伝えると

こちらも500円で入浴できるとのこと。

 

f:id:asamushi:20181218163041j:plain

フロントでお会計。緑風荘も日帰り500円でした

 

あまりのコスパの良さにテンションはMAX!

 

喜び勇んで大浴場へと向かいました。

 

f:id:asamushi:20181218164020j:plain

大浴場までの通路

 

f:id:asamushi:20181218164058j:plain

入浴後は貸し切り状態だったのでパシャリ


お客さんは私の他に1人だけ。

 

そのお客さんも、私が入浴すると同時に

すぐに浴場から出ていったので、

ほぼ私1人での貸し切り状態でした!

 

おかげで色々ゴチャゴチャしていた頭の中を

きれいさっぱりスッキリできました。

 

スポンサーリンク

 

 

実は2016年に営業再開したばかりの旅館 

  

”金田一温泉って数年前建屋が全焼したけど

最近営業再開したらしいよ”

というのを以前母親から聞いていたのですが、

それが緑風荘なのだと知ったのは入浴後でした。

 

f:id:asamushi:20181218172903j:plain

平成28年の陸奥新報が貼られていました

 

2009年の火災により座敷わらしを祀る

中庭の”亀麿神社”以外が消失。

 

営業再開に至るまで実に6年半かかったようです。

 

旅館が新築のように感じたのも当然ですね。

 

f:id:asamushi:20181218174813j:plain

中庭の亀麿神社。木像はマスコットの”亀麿くん”

 

残念な事故でしたが、1955年に建てられた

再建前の緑風荘は建物が相当傷んでいたそうで、

おそらく東日本大震災には耐えることができず、

震災の一年半前に火事が起きたことによって

倒壊の犠牲者が出ずにすんだとの考えもあるそう。*1

 

火事による犠牲者はいなかったため、

もしかしたら座敷わらしが震災の被害者が出るのを

あらかじめ防いでくれたのかも知れませんね。

 

 

金田一温泉を楽しむならまずは緑風荘へ!

 

おぼない旅館も素晴らしかったですが、

新築の『緑風荘』もとにかくキレイでした。

 

こちらも「おぼない旅館」と同じく

再度訪問できる日が楽しみです。

 

 

レビューによると食事も美味しいらしいので

今度は宿泊しに来てみるのも楽しいでしょうね!

 

もしかしたら幸運の座敷わらしに会えるかも…

 

スポンサーリンク

 

 

遠野物語 (新潮文庫)

遠野物語 (新潮文庫)

 
水木しげるの遠野物語 (ビッグコミックススペシャル)

水木しげるの遠野物語 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

 

こんな記事もあります!

 

www.asa-mushi.net

www.asa-mushi.net

スポンサーリンク