ゲームと音楽と子育てと

30歳を全力で青春する青森県民のお兄さんのブログです。

【地ビール】岩手県盛岡市のベアレン醸造所がアツい!看板商品の2本を紹介!

スポンサーリンク

 

先日一年ぶりに岩手県の盛岡市に行ってきました。

 

子供が産まれてからなかなか遠出が出来ず、

今回はハメを外して買い物をしてきました。

 

その中で「おやっ?」と目を引いた2本のビール。

 

f:id:asamushi:20190727103248j:plain

 

『ベアレン』という岩手の地ビールだそうで、

只者じゃないブランドオーラを感じ、

ついつい手にとってしまいました。

 

お値段は一本300円ほど。

 

ちょっぴり贅沢なお値段ではありますが、

美味しかったので満足な商品でした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

味見してみた

トラッド ゴールドピルスナー

f:id:asamushi:20190727102029j:plain

 

コチラは日本では主流のピルスナー。

 

お店で売っているビールはほとんどが

ピルスナービールのようですね。

(サッポロ黒ラベルや一番搾りなど) 

 

f:id:asamushi:20190727102828j:plain

普通よりも黄金色のビール

注いでみると色は普通のビールよりも

やや黄金色をしたビールでした。

 

見た目の違いでも楽しめるのが

地ビールの良いところですね!

 

飲んでみた感想

一口目からスッキリした苦味が来ますが、

ビール特有のまったりとした美味しさが

口の中に残って、余韻が楽しいビールでした。

 

ゴクゴクと飲むよりは一口ずつ味わって

長く余韻を楽しむのが良さそうな感じです!

 

値段のせいか高級感も感じます。

これは気のせいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

イノベーション レッドラガー

f:id:asamushi:20190727102848j:plain

 

レッドラガーというからには、赤いビール?

ドイツ産のレッド麦芽を使用しているようです。

 

ホップにはジャーマンカスケードを使用。

 

なるほどなるほど。(分かってない)

 

f:id:asamushi:20190727102928j:plain

透き通る赤いビール

注いでみると、今まで見たことがない色でした。

 

ペールエールの琥珀色ともまた違う色。

これはかなり期待が持てます。

 

飲んでみた感想

こちらも一口目から深い苦味があります。

ゴールドピルスナーよりも

もう少しマッタリとした苦さでした。

 

しかし、ペールエールのような複雑な苦味ではなく

スッキリしていながらコクもある感じの味。

 

濃い苦味が特徴的なIPAとも違う美味しい苦さ。

 

これはもう一度味わいたくなる独特の味です。

 

他にも色んな地ビールがいっぱい

f:id:asamushi:20190727112756j:plain

気になってホームページを覗いてみたら、

紹介した看板商品2本の他にも

さまざまなビールがあるようですね!

 

個人的には白ビールは苦くなくて好きなので

『夏のヴァイツェン』は飲んでみたい1本です。

 

お値段は少々張りますが、

いつもと違う自分へのご褒美としては

かなりいいチョイスかもしれませんね。

 

人によってはお中元などにも。

 

 

なんというか、自分の地元の近くにも

立派な地ビール会社があるのが嬉しいです。

 

陰ながら応援したいなと思いました。

 

岩手県盛岡市 ベアレン醸造所 ホームページ

www.baerenbier.co.jp

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
.entry-thumb { border-bottom: solid 1px #e9e9e9;/* 線*/ }