ゲームと音楽と子育てと

30歳を全力で青春する青森県民のお兄さんのブログです。

2019-05-15から1日間の記事一覧

【記憶屋】小説の感想!妙にノスタルジックで引き込まれるけどオチが少し弱かった【織守きょうや】

記憶屋 (角川ホラー文庫) 作者: 織守きょうや 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/10/24 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る ひっさびさに小説を読破しました。 将棋の次の一手の本を買ってから積み本ばかり増え、 しばらく活…

スポンサーリンク
.entry-thumb { border-bottom: solid 1px #e9e9e9;/* 線*/ }