ゲームと音楽と子育てと

30歳を全力で青春する青森県民のお兄さんのブログです。

【冒険者ギルド物語2】人間の侍Lv200で種族の限界を目指してみた結果…【伝バベ突破済み】

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20190624000250p:plain

 

決して暇だったわけじゃありません。

 

けど、普通の人間(男)を限界まで育ててみたら

どれほど強くなるのか知りたかったのです…

 

 

今回は冒ギル2をプレイしてれば誰でも疑問に思う

人間の侍Lv200の強さを検証してみました。

 

ビルドとしては人間 侍(戦士)隠遁者 と、

人間 侍マスター武家の出 の2人を育成しました。

 

ワンチャンバケモノが生まれるかも…!

という期待があったのですが…。

 

うん。

 

 

スポンサーリンク

 

 

人間 侍(戦士)隠遁者

f:id:asamushi:20191001114835j:plain

f:id:asamushi:20191001114855j:plain

 

装備可能数は圧巻の31個。

基礎能力値はMAXではありませんが、

耐久面もそこそこ確保できている感じです。

 

そして気になる攻撃力は約200,000!

攻撃威力も5.68倍という高倍率なので

これはどんな敵でも一撃必殺が狙えそう!

 

f:id:asamushi:20191001120134j:plain

装備を固める前に確認してみた刀倍率

装備を固める前に確認してみた刀倍率です。

 

『刀装備○○倍』を全て積んでも枠に余裕があり、

刀倍率は3.41倍まで上げることができました。

(装備なしだと刀倍率:2.18倍)

 

攻撃回数を1回にすると更に攻撃力が倍加するので

刀を装備すると13.64倍の攻撃力を引き出せます。 

 

スポンサーリンク

 

 

人間 侍マスター 武家の出

f:id:asamushi:20191001120510j:plain

f:id:asamushi:20191001120519j:plain


前職戦士+隠遁者の組み合わせと打って変わって

こちらのアイテム装備枠は24コと控えめです。

 

他の種族なら十分なアイテム枠ですけど、

能力が低い人間だと物足りない感じではあります。

 

 

が、意外なことに先ほどの侍(戦士)と比べても

耐久面はさほど大差がない印象です。

 

これは侍(戦士)のビルドの方の装備を

店売り(刀倍率)の刀で枠を埋めてしまったがために、

耐久面まで手が回らなかったのが理由です。

 

 

攻撃力も先ほどに近い200,000を確保していますし、

攻撃威力に関しては侍Mの方が1.1倍以上高いです。

(5.68倍→6.51倍)

 

これは侍マスターの方が強いまであるかもしれない。

 

f:id:asamushi:20191001121730j:plain

刀倍率の確認

装備はいくつか外してしまっていますが、

一応きちんとバランスよく装備を考えた結果

刀倍率は3.54倍になりました。

(装備なしだと刀倍率:2.84倍)

 

侍Mは攻撃回数が1回だと攻撃力が2.4倍になるので

刀の攻撃力が3.54×2×2.4で約17倍となります。

 

育成前は侍(戦士)の方が圧倒的だと思っていたのに

こうして見てみると侍Mも負けてませんね。

 

 

まぁ、冷静に比較すると装備枠が7つも違うので、

超レア刀がいっぱい揃ってくれば

流石に侍(戦士)の方が強くなるのでしょうけど。

 

今の進行度だと侍Mの方が火力があって良いです。

 

スポンサーリンク

 

 

超火力で敵を粉砕しまくりだ!

f:id:asamushi:20191001123027j:plain

あれ?

f:id:asamushi:20191001123042j:plain

敵が

f:id:asamushi:20191001123056j:plain

余裕で耐えるよ?

残念!彼の冒険はここで終わってしまった!

 

 

これを見た瞬間非常にガッカリしてしまいました。

ロアはともかくデュラハンくらい倒してくれよと。

 

この後45階のエルダー軍団にも挑戦しましたが、

あえなく全滅して帰ってきました。

(バベルに向かわせたのがそもそも間違いなのか?)

 

 

でも侍としてならかなり優秀な部類でしょうね。

 

人間という取り柄のない、哀れで最弱な種族が

ここまで可能性を見せてくれたのはアツいです。

 

早速2軍に降格してしまった彼らですが、

どこかでピンポイントに活躍できないか

まぁその内に模索していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
.entry-thumb { border-bottom: solid 1px #e9e9e9;/* 線*/ }