ゲームと音楽と子育てと

これでも一応役に立つこと書いてるつもり

【奥入瀬ビール】青森県十和田市のクラフトビールが美味しすぎて感動した!

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20191015103905j:plain

青森県十和田市の麦酒館

先日、地元十和田市の地ビールを飲んでみました。

 

十和田は青森県の真ん中右の辺りにある市です。

 

青森の代表的な観光地である奥入瀬渓流があり、

その上流には十和田湖があるなど観光資源が豊富で

県内でも人口第4位の比較的大きい街です。

 

まぁとはいえ3位までの青森、八戸、弘前と比べると

デパート等もないので田舎町感はハンパないですが。

 

 

そんなイマイチ微妙感が拭えない十和田市ですが、

なんとここで製造されているクラフトビールが

アジアで高い評価されているものだったらしく、

道の駅で購入して飲んでみることにしました。

 

f:id:asamushi:20191015111539j:plain

2013 アジアビアカップ金賞

2013年のアジアビアカップ金賞受賞作品らしいです。

 

http://beertaster.org/medal/compe.htm

 

「アジアビアカップ」とは銘打っていますが、

基本的には日本のクラフトビールがメインっぽい?

 

でもまぁ金賞受賞はかなりスゴイ事なのでしょうね。

選考銘柄が沢山ある中からの受賞のようですし。

 

f:id:asamushi:20191015112922j:plain

アンバー・ラガー

コチラは過去に金賞を受賞したという

アンバーラガーという商品です。

 

お値段は600円くらい。(だったかな?)

通販だと820円くらいするみたいですね。

 

アンバー(琥珀色)ということで

ペールエールのような色を想像していましたが、

注いでみたら黒ビールに近い色でした。

 

スポンサーリンク

 

 

飲みやすくて最高に気持ちよく酔えた

 

実は最近体調を崩しておりまして、

ビール(特に発泡酒)を飲んでも味が分からず

ちょっと飽きてきたかなぁ?と思ってましたが、

コレを飲んだら最高に気持ちよく酔えました。

 

濁っている見た目とは対照的にスッキリしていて

変な苦みも混ざっているような臭さもなく、

フルーツっぽさもないのに果物を食べた後のような

サッパリとした美味しさを味わえました。

 

市販のビールには見当たらない美味しい味でした。

 

お値段は少々張りますが、これはたまに飲みたい。

金賞の名前は伊達じゃないですね。

 

 

あまりに美味しかったので、

「シアワセ…シアワセ…」

と言いながら飲んでいました。

 

それくらい幸福感たっぷりな味わいだったのです。

 

通販はAmazonやふるさと返礼品から

 

f:id:asamushi:20191015114510j:plain

アジのあるHP

ホームページを流し読みしましたが、

通販の情報などはありませんでした。

 

地ビールレストラン『奥入瀬麦酒館』

 

が、Amazonを覗いてみたら公式から出ている

8本セットの商品を見つけられました。

 

Googleに怒られるのでリンクは貼れませんが、

Amazonで「奥入瀬ビール」と入力すれば出ます。

 

f:id:asamushi:20191015114844j:plain

Amazonにて公式が販売しています

 

他にはふるさと納税のサイトにもありました。

1万円の納税でビールを6本貰えるようです。

 

f:id:asamushi:20191015115051j:plain

820円×6本で4,920円。お得かな?

私はふるさと納税したことがないのでアレですけど

返礼品としてはなかなか良さげな感じです。

 

お値段が張るのが少々難点ではありますが、

他の商品も味見したいくらい美味しかったです。

 

 

てか地元にこんなクラフトビールがあるなんて…

灯台下暗しとはまさにこのことですね。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク