ゲームと音楽と子育てと

30歳を全力で青春する青森県民のお兄さんのブログです。

【冒険者ギルド物語2】アマゾネス剣士をアタッカーに起用!なんでこいつの強さに気づかなかったんだ…!【2週目クリア後】

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20190321183318p:plain

 

www.asa-mushi.net

 

前回の記事を書き終わってから、

「あれ?剣装備って意外と特攻詰みにくいんだな」

「まてよ?アルテミス弓とかを前衛で運用できる

 アマゾネスは強いんじゃないか?」

 

ということに今っっ更ながらに気づいた私は、

すぐさまアマゾネスを前衛として起用するため

ビルドの思案へと取り掛かりました。

 

 

色々と試行錯誤した結果、種族特攻を積めて

最前列に置いても大丈夫な耐久を確保でき、

パリィで後列を保護する強力なアタッカーが誕生しました。

 

結果としてかなり強いキャラが誕生したので、

嬉しさをそのままに記事にしようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アマゾネス剣士(狩人)で起用!

 

現職はやはり剣士として起用すると決めていたものの、

前職は「戦士」にしようか悩みまして、

結局前職「狩人」として運用してみることにしました。

 

あまりにも前職戦士のキャラが多すぎて

ちょっと食傷気味になってしまっていたので、

できれば戦士以外の職業から選びたかったんですよね。

 

 

前職を戦士、狩人とする利点をまとめると、

 

前職 「戦士」の場合

  • レベルカンスト時の装備アイテム枠25個
  • 攻撃威力+15%が付与される
  • 【才能】防御力が付与される

 

前職 「狩人」の場合

  • アイテム装備数+2を活用できる(最大でも22枠)
  • 追加ダメージ+15が付与される(パリィにも良い)
  • 弓装備1.4倍が付与される
  • 反撃回避1/2が付与される

 

こんなところです。

 

やはり前職を戦士にする暴力的なまでのメリット、

【才能】アイテム装備可能数が強力すぎて、

噛み合っているハズの前職狩人ですら

アドバンテージがとれてない感じがします。

 

事実、前衛アタッカーとして装備させたい剣に加え、

アルテミス弓や竜星弓を装備させてみたら

微妙に装備枠が足りなくなってしまいました。

 

当初のビルドでの出来上がったキャラがこちら。

 

f:id:asamushi:20190404141441j:plain

能力値

 

f:id:asamushi:20190404141509j:plain

ダメージ補正

 

※ 成長補正は1.2倍、1.3倍、1.6倍を積んでいます。

 

当初は古武術で育てましたけど、装備枠が足りずに、

  • 攻撃に強い2/3を積めていない
  • 眠り耐性を確保できていない

というもどかしい欠点ができてしまいました。

 

もちろんこのままでも弱いわけじゃないんですが、

なんか妥協もしたくなかったんですよね。

 

 

せめて装備枠3つ分あれば完璧にできるのに…

 

けどプライド的に前職戦士にはしたくない…!

 

と、やきもきしていたのですが、ふと

個性を「使い魔」にするという案が頭に浮かびました。

 

スポンサーリンク

 

 

アマゾネス剣士(狩人)使い魔で完成!

 

私の場合、前衛アタッカーといえば

個性は古武術にすることが普通だったんですが、

今回思い切って「使い魔」にしてみました。

 

必殺1.3倍が無くなるのを妖刀村雨でカバーして

HPの減少もマスターローブで誤魔化す算段でした。

(攻撃力や攻撃威力、眠り耐性の確保もできる)

 

先程のビルドに【無能】最大HPを付与してみたら

HP68,000→HP50,000程度の差しかなかったので、

これはイケる!と思い再度イチから育て直しました。

 

f:id:asamushi:20190404143240j:plain

HP以外のステータスが上昇

 

f:id:asamushi:20190404143350j:plain

必殺威力の微減と火力耐久の強化

 

装備枠が3つも増えたことにより、

攻撃威力、竜族特攻、魔法や睡眠耐性を上昇させ、

物理に至っては倍近くの耐久を確保できました。

 

HP17,000と必殺威力0.3倍との引き換えにしては

十分すぎる強化といえるでしょう。

 

 

試し切りに「恐ろしいドラゴン襲撃」に行かせたら、

最初にビルドでは14~19ターン掛かっていたのが

ビルド変更後は10~12ターン程度で安定しました。

 

やはり攻撃威力と種族特攻は大正義ですね。

 

2週目クリア後の前衛アタッカーとして

充分な強さを持つキャラクターになってくれました。

 

スポンサーリンク

 

 

エンキドゥ剣(戦)は引退じゃあ!

 

今回新たなアタッカーを採用するにあたって、

1週目から起用していたエンキを引退させました。

 

 

実を言うと私は前衛アタッカー代表みたいな顔の

エンキドゥの存在がどうも好きではなかったのです。

 

確かに攻撃力はある程度高くしやすいけど、

なんかイマイチ火力を出してくれない。

けど、他に剣装備で強いキャラも見つからないし…

 

というようなお局のような存在でしたが

ようやく引導を渡すことができました。

 

f:id:asamushi:20190404151426j:plain

みぐるみ剥がされたエンキドゥ

 

今回採用したアマゾネスとステータスを比べても

エンキドゥ HP77,000 攻撃力29,000

アマゾネス HP51,000 攻撃力26,000

という部分以外は、攻撃威力、種族特攻、

耐久面等々、ほぼ全ての面が勝っています。

 

攻撃力は低くとも、火力面もエンキドゥより

遥かに高いものになっていてホクホクです。

※ エンキでは恐ろドラ襲撃を突破できなかった

 

 

ちなみに現状起用している前衛アタッカーは、

①ピグ忍戦古 ②クラマ忍侍 ③ケルベロス剣M

④黒狼剣忍 ⑤ボーグ剣君使 ⑥鬼剣戦古

⑦アマ剣狩使←New! こんな感じです。

 

次に肩を叩かれるのはボーグ剣士かなぁ。

なんか面白いビルドがあるといいんですけどね。

  

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク