ゲームと音楽と子育てと

30歳を全力で青春する青森県民のお兄さんのブログです。

【冒ギル2】ピグミーチャム忍者(戦士)を起用してみた!成長倍率乗せたステータスとか

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20190321183318p:plain


 Twitterでエンドコンテンツ勢が起用している

最前列ピグ忍戦を私もやってみました。

 

数ヶ月前まで「こんなん無理やろ…」と思ってたのに

運用してみたら意外といい火力を出してくれてます。

 

今回は成長倍率を乗せられるだけ乗せた

ピグ忍戦がどれくらいの攻撃力になるのかなど、

使用感等についてもまとめてみます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ピグ忍戦Lvカンストの能力値

 

f:id:asamushi:20190320165948j:plain

ピグ忍戦 古武術のステータス

現在運用しているピグ忍戦のステータスです。

 

成長倍率1.1倍、1.2倍、1.3倍、1.6倍と

力を宝石などで+10まで上げて、

格闘倍率を乗せてだいたい攻撃力20,000くらい。

 

…と思っていたら「拳で語る」が抜けていたので

さっき他のメンバーから引っ剥がしてきました。

 

f:id:asamushi:20190321174026j:plain

 

とりあえず格闘倍率を稼げるだけ稼いで

攻撃力24,000弱となりました。

 

攻防戦術や能力値変換しだいで

もっと攻撃力は稼げるでしょうけど、

ピグ忍戦格闘の相場はこれくらいなのかも。

 

正直、魔造生物や鬼の格闘アタッカーに慣れると

かなり物足りない数値ではありますね。

 

スポンサーリンク

 

 

ピグ忍戦古の使用感

 

前述のとおり、アタッカーとしては

黒狼やケルベロス、鬼などに比べると

どうしても火力不足が目に付きます。

(けっして火力が低いわけではないですけど)

 

隠れ身のおかげで必殺威力は高いですが、

伝説バベル踏破に必要な火力を稼ぐのは

かなり装備を優遇しないと難しいと思いました。

 

 

ただ、やはり敏捷の基礎能力値の高さからか

回避能力が13,000でガンガン回避してくれるし、

忍者の必殺反撃と狩人の追撃とのシナジーがあります。

 

また、火力も決して低いわけではないので

必殺連撃や格闘術、反撃などで

コンスタントに敵を減らしていってくれます。

 

 

ベターなのは火力の高いオメガ狩人などと組んで、

メイン火力兼着火要因として運用するのが

いいんじゃないかなぁと思っています。

 

まぁ装備優遇してるウチの攻撃力2万のオメガですら、

伝説バベルの踏破には火力不足ではあるんですけどね…

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

話が逸れましたけど、総評として

ピグ忍戦は意外と運用しやすい感じです。

(「世界を征する」があればですけど)

 

最前列でも39階まで死ぬことなく帰ってきますし、

火力も耐久面も一定水準は超えてくれます。

 

現職忍者なので迷宮の踏破時間も減らしてくれるし

ピグのレア倍率をアタッカーとして圧縮できるし、

何より汎用性も高いのでかなり好みなビルドです。

 

 

今回ピグ忍戦を起用するにあたって、

今までお世話になった「天下無双のデスナイト」を

引退させることにしました。

 

もしかしたらデスナイトの方が強いのかもですが、

やはりピグのアイテム倍率と運の高さを考えると

ピグの方を起用したくなりました。

 

どっちにしろ40階付近で全滅するのは同じだったし。

 

 

伝説バベル39階までを周回するようになってから

1ヶ月程が経った気がしますが、

未だに全PT踏破安定するレベルというのは

はるか遠い目標のように感じます。

 

報酬がショボいのもありますが、

クローン神魔にも殆ど手を出していないので

まだまだ冒ギル2で遊んでいけそうです。

 

 

しかし、ラビチケもカンストして余りまくって

もうお布施(課金)する要素もなくなってもうた…

 

そろそろ冒ギル3の情報あったりしませんかね?

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク