ゲームと音楽と子育てと

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

【歌唱】歌が上手くなる近道はやっぱり発声練習(音程練習)だと思う。初心者ほど大事!

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20190202155650j:plain

 

どーも!音程をイマイチ意識できていない

カラオケ大好きブロガーのあさむしです!

 

今年の夏には趣味の音楽活動を再開しようと

ギターと歌の練習に勤しんでいるんですが、

なかなか歌が上手になれなくて困っています。

 

今まで「音程」を適当に扱ってきたツケが

今になってキバを剥いてきたようです。

 

 

とりあえず、最近はイチから音程練習と

ロングトーンの発声練習を初めてみたんですが、

これが結構効果的で、カラオケの点数が

グッと上がったので紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2種類の発声練習

 

私が最近重視している歌の練習は

  • ロングトーン
  • 音程インターバル

この2つです。

 

ロングトーン練習では発声の安定感、

インターバル練習では音感を鍛えることができます。

 

私が参考にしている動画があるので

それぞれ貼っておきますね!

 

ロングトーン練習

 

 

ロングトーン練習で大事なのは

最後まで声色を変えずに音を伸ばすことです。

 

声を出しながら、声の音程がブレていないか

意識することも大切です。

 

発声のコントロール力が上がるので

シンプルながら良い練習だと思います。

 

 

インターバル練習

 

 

ドレドレドー、ドミドミドー、ドファドファドー

と少しずつ音の間隔を広げていく発声練習です。

 

やってみると案外難しいですし、

ちゃんとできているか確認することも重要です。

 

狙った音程を歌うのは難しいものですが、

この練習を続けることで

曲のメロディの流れを意識できるようになり、

確実な歌唱力アップに繋がります。

 

 

この練習をするときは、一音一音丁寧に

音の間隔を意識して発声することが大事です。

 

曖昧にやってしまうと意味がないので、

楽器を持っている方はソチラで音を確かめながら

練習してみるのもいいかもしれません。

 

 

目指せカラオケ95点!

 

色んな人とカラオケに行ってみると、

やっぱり歌がちゃんと上手い人というのは

精密採点で90点くらいはポンポン出してきます。

 

こないだ、友達の一人が95点を出していて

あまりの歌の巧さにド肝を抜かれました。

 

最近の歌の採点機能(精密採点)には

マグレ高得点は無いように思いますので、

私も95点の壁を超えられるように

地道に頑張ろうと思います(●`ε´●)

 

 

こんな記事も書いてます

 

www.asa-mushi.net

www.asa-mushi.net

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク