ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

【子育て】子供(男の子)の成長に伴う間違いやトラブル。私の場合はどうだった?

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20181108223154j:plain

 

どーも!間違いを繰り返してそのたびに

賢くなっていったあさむしです!

 

 

2018.9.21に我が子リョウ君が誕生し、

もうすぐ1ヶ月半になります。

 

スクスクと育ってきて、毎日大泣きや

抱っこ癖とも戦っている私達夫婦ですが、

このカワイイ我が子とも、男として

いずれはケンカをするのだろうな

物思いにふけることがあります。

 

 

私がたくさんの過ちを犯してきたように、

ウチの子もきっと似たような

間違いをしていくのだと思うし、

ちゃんと問題に向き合ってあげるために

今回は私がしてきた過ちについて

思い出していこうと思います。

 

 

私が犯してきた過ち

 

幼稚園編 S君との殴り合い

 

思い出してパッと浮かんできたのは

私と犬猿の仲だったS君とのケンカです。

 

たしかほぼ毎日叩き合いのケンカをして

中学生になってもケンカをしていました。

 

 

S君のお父さんは警察官で

お母さんは婦人会の何かだったハズなので、

ウチの両親は苦労したでしょうね。

 

昔は殴る蹴るが普通だったので、それでも

大した問題にはならなかったとは思いますが、

現在では子どもが同級生とケンカをして

小さいことでも親が謝罪しなきゃいけない

ケースがあるかもしれませんね。

 

 

他の子に嫌な事をされる側かもしれないし、

する側になるかもしれません。

 

子どもの話をちゃんと聞いて、

諭してあげられるように心がけたいです。

 

 

 

小学生編 ウンチをガマンしきれなかった

 

小学校の頃には特に何か

問題を起こした記憶がないのですが、

唯一思い出せたのは徒歩での登下校中に

ウンチを何度も漏らしてしまったことです。

 

 

朝っぱらから3㎞強の道のりを

毎日40分かけて歩いていたため、

お腹の痛さに耐えられず

小学校3年生から6年生までの間に

4回くらいウンチを漏らしていました。

 

このことを知っているのは

家が近所で一緒に登校していたU君だけです。

 

 

帰り道ならまだしも、登校中に

ウンチを漏らしたこともあったのですが、

私は頭がおかしかったので、

パンツを洗わずにそのまま授業を受けていました。

(多分臭いでクラス中にバレてた)

 

小学校の同窓会でもこの話題には触れないので

皆、臭いものに蓋をしているんでしょうね…

 

 

野グソをしなかったのは偉いと思いますが、

漏らしたらちゃんとパンツを洗うことを

子どもに教えてあげようと思います。(?)

 

というか今はスクールバスがあるので

町が経営破綻しない限り大丈夫かな。

 

 

中学生編① 第2次性徴

 

性についての悩みは難しい話だし、

おそらく私の妻は想像できない部分なので

父親の私が温かく見守らなきゃいけないですね。

 

 

ちなみに私が中学生の当時やってしまったのは

家のパソコンで色々ネット検索をして

履歴を消さないで内容がバレたことです。

 

私は父親からパソコンの使用禁止を

言い渡されてしまいましたが、

私の子供にはちゃんと履歴を消すことを

教えてあげようと思います。(なんか違う)

 

 

アレですよね、今ってスマホを

中学生から持っているのが普通だし、

ましてや10年後なんて想像できませんね。

 

とはいえ、中学生になったら

工口関係のトラブルは出てしまうものなので、

妻には理解をしてもらう努力をしたり

あくまで自然体でいるように心がけたいですね。

 

 

 

中学生編② ケガをするほどの喧嘩

 

今でこそ温厚な私ですが

昔は相当なワルでした。(嘘)

 

というのはウソなんですが、

結構カッと来やすい性格だったので、

イジメられ子だったのにもかかわらず

しょっちゅう不良グループと

殴り合いのケンカをしていました。

 

 

不良グループのメンバーの中には

PTA会長の息子もいたりして、

私の悪評は親たちにも広がっていたようです。

 

まぁ私の父親はガチヤンキーだったので

「ケンカをするのはいいけども、

 自分からは絶対に手を出すな」

というのを徹底してしつけられました。

 

母親は苦労したでしょうね…

 

 

そもそも私がいじめられっ子になったのは

特技がなく、運動オンチで

ノリも悪いヤツだったからなので、

ウチの子はそうならないように

せめて特技だけは何か夢中になれるものを

一緒に探してあげたいですね。

 

ホーリーランド 全18巻 完結セット(ジェッツコミックス)

ホーリーランド 全18巻 完結セット(ジェッツコミックス)

 

 中学生の頃はひたすらジャブをしてました

 

高校生編 携帯電話のパケット死

 

平成15年ごろのウチの田舎は、一般的に

携帯電話を持てるのは大体高校生からでした。

 

 

当時は定額プランというものがマイナーで

メール一通で10円とか普通だったので、

ネット検索したり何かをDLするだけで

すぐに数千円の使用料になっていました。

 

 

しかし、今まで抑圧されていた高校生が

携帯電話を手に入れたらすることなんて

決まっていますよね?

 

 

私の携帯電話は3,000円の

利用制限が設けられていたのですが、

ある日、あまりにもハイスピードで

画像などをDLしていったことにより、

制限がかかるまでのタイムラグのせいで

8,000円弱の請求金が来てしまいました。

 

当然父親は大激怒。

 

理由も話せなかったし、そもそも

言い訳が通用する相手ではなかったため

当時の私は塞ぎ込んでしまった気がします。

(私も逆ギレしていた気もします)

 

 

というか同級生の友達のほとんどは

定額プランに切り替えてもらっていたのに、

私だけ両親のプライド的なもののせいで

利用制限があったのが悲しかったです。

 

悔しくて友達の家に泊まりに行き、

パケット定額プランの携帯電話を借りて

画像と動画のDLに協力してもらったのは

また別のお話ですね。(*'ω'*)

 

 

現代のネット料金はほぼ全て定額なので

私の子供にはこういうトラブルはなさそう。

 

ただ、架空請求などの高額の請求があったとき

慌てないように教えといてあげたいですね。

(ウィルスに感染しています!とかね)

 

 

 

コミュニケーションが大事

 

なんか見返すと

大体が性と暴力のトラブルだったんですが、

私の人格は大丈夫なんでしょうか…

(アドセンス違反になったりして)

 

 

ともかく、子供が何か悩んでいたときに

相談に乗ってあげるためには、

子どもから信頼されていなければなりません。

 

頭ごなしで怒ったり、

理解しようとしないのはダメですね。

 

 

「親の心子知らず」とはよく言いますが、

その逆にならないように

私自身の器も大きくしていきたいところです。

 

ちょっとしたストレスを自分ではね返せる子の育て方

ちょっとしたストレスを自分ではね返せる子の育て方

 

 

増補版 誰でも勝てる! 完全「ケンカ」マニュアル (BUDO‐RA BOOKS)

増補版 誰でも勝てる! 完全「ケンカ」マニュアル (BUDO‐RA BOOKS)

 

何だこの本は…

 

 

 

スポンサーリンク