ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

【黒歴史日記①】10年前のmixi日記が失恋ポエマーだった件

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20180825203949j:plain

 

どーも!他のブロガーさんの記事を見て、

mixiの日記を掘り起こしてみた

雑記ブロガーのあさむしです!

 

www.tonymctony.com

先日、いつもお世話になっている

トニーマッカートニーさん

こちらの記事を見かけてギクリとしてしまい、

さっさと黒歴史は供養しなければと思い

私も数年ぶりにmixiを開いてみました。

 

 

mixiの日記を掘り起こしてみた

 

社会人最初の失恋、渾身のポエム

 

mixiでは2013年から2016年まで

週一で日記をつけていたので、

最初のアーカイブにたどり着くまで

結構ホネが折れました。

 

ポチポチと前のページに

戻っていたのですが、

前の日記に戻れば戻るほど

タイトルがどんどん

不穏になっていくんですよね。

 

 

日記アーカイブの最後のページが

ちょうど10年前だったのですが、

 

 

会えないツライ…

 

君の顔が見たい…

 

など、西野カナも裸足で逃げ出す

病みタイトルが並んでいました…

 

 

見てみたらどうやら当時の私は

失恋して、ポエムを書きまくっていた

みたいなんですよね。

 

 

10年前といえば、

ピカピカの社会人1年生だった頃で、

mixiを始めたのもこの頃でした。

 

社会人デビューに失敗はしたものの

そこそこ恋愛も頑張っていたのですが、

私は根っからのメンヘラ気質だったようで、

好きになった女の子への愛のやり場に困り

コンコンとポエムを書き綴っていました。

 

 

その中の一つを一部抜粋してみました。

どうぞご覧下さい…

 

タイトル 胸が張り裂けそうだ

 うとうと夢を見ていた...

いや、今となっては

夢か現実なのかも分からない…

 

いつもの天井、戻れない日々

君の横顔を何度も思い出す…

 

時間が全てを解決するというなら、

この気持ちもいつかなくなるなら、

この世に真実の愛なんて

ないのかもしれないな…

 

今日はどこへ行こうか…

どこに行こうが君はいない…

 

こんな世界にすら

価値を見出せないなんて

まるで皮肉だ

 

 

こんな世界にすら

価値を見出せないなんて

まるで皮肉だwwwwww

 

 

もう勝手に価値を見失ってて下さいよwww

 

 

 

 

おっと失礼。

 

えーっと、こんなポエムが延々と

アーカイブを埋め尽くしていて、

思わず「うわっ…」

と苦笑いしてしまいました。

 

なんだろう、恋人と生き別れたのかな?

っていうくらい悲しみに暮れてますね。

 

皮肉の意味も分かんないしね。

 

 

コレは社会人になって初めての失恋ですね。

 

中学高校と彼女がいなかったので、

もう少しで付き合えそうだった女性に

必死に迫り、気持ち悪がられて

フラれたときの感情上のポエムです。

 

 

当時は必死だったんですけどね~…

どうしてこんなに情けないんでしょうか…

 

書いてて脇汗がすごくなってきた

 

f:id:asamushi:20180730195346j:plain

もうこんなんばっか
 

熊本弁のA子ちゃんのお別れ日記

 

似たり寄ったりでペラペラのポエムを

さっさと流し見して、数ヶ月先に進むと

一つの記事が目に留まりました。

 

以前にも記事にした、

熊本弁のA子ちゃんとの別れの日の

日記です。

 

そのときの記事がこちら

www.asa-mushi.net

 

ここまで来るとメンタルは

だいぶ持ち直していたようですが、

悲劇のヒーロー気質は抜けてないようで、

これまた残念な日記がありました。

 

タイトル A子ちゃんを空港に送ってきた

 今日はA子ちゃんとの別れの日だった。

 

さっき改札でお別れをして、

今一人で空港内をうろついてるトコ。

 

 なんだか気持ちが

フワフワしている気がする。

夜勤明けで寝てないからかな。

 

いや、それともやはりA子ちゃんの

存在が大きかったのだろうか。

 

僕の知らない

遠い場所で暮らすA子ちゃん。

僕はというと、

今もどうしようもない毎日から

逃げ出せずにいる。

 

さっき一緒に歩いたお店を

今度は一人で歩いてみた。

これからは一人で歩かなきゃな。

 

空港の窓から、遠い君の町を想う。

 

ふと、飛んでいく飛行機に

君の笑顔を重ねて

僕は空を見上げた。

 

 

僕は空を見上げたwwwww

 

 

なんとまぁかっこいいことwwww

 (鏡みろやw)

 

 

…どの日記をみても文章のシメは

こんな感じなんですよね。

 

ずぅーっと自分に酔ってるんですよね彼。

こんなん彼女もできるわけないわ。

 

f:id:asamushi:20180825203431j:plain

君の住む町はどんな景色だろうか…

 

これでも当時は必死だった

 

なんやかんや見返すのは楽しい

 

まだまだネタはいっぱいあったんですが、

共感性羞恥の方に被害がありそうなので

今回はこれくらいにしときます。

 

というか、当時の自分が痛々し過ぎて

逆に可愛く見えてきました。

(お前精神状態おかしいよ…)

 

 

当時は当時でバカなりに必死だったので、

ちゃんと成仏できるように

しっかり記事にして供養したいと思います!

 

f:id:asamushi:20180825205108j:plain

しっ静まれ…!

 

 

もう一つくらい記事を書けそうなので、

次回もよろしくお願いしますね!

 

 

 

訪問ありがとうございました!ペコリ

 

↓ もう一つの物語

www.asa-mushi.net

 

スポンサーリンク