ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

【我流ボイトレ②】腹筋、声の出し方の意識

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20180816172530j:plain

 

どーも!久しぶりに歌ったら

高音が出しやすくなってたあさむしです!

 

多分ボイトレ記事を書いたからですね~!

 

普段より喉を縦に開くイメージを強めたら、

さらに声が出しやすくなりました!

 

 

さて、今回は腹筋(腹式呼吸)と

声の出す方向のイメージについて

記事にしてみたいと思います。

 

www.asa-mushi.net

前回の続きですね~!

 

 

 

 腹式呼吸、体は自然体に

 

ムリに腹筋を固める必要はない

 

よく学校で音楽の先生が

「お腹に力を入れて~!」と言いますよね。

 

 

確かに腹筋に力を入れると

声量とか声の張りは良くなるんですが、

歌うのに一番重要な「呼吸」が

おざなりになってしまいます。

 

 

合唱などではいいのかもしれませんが、

カラオケやライブなどのときは

極力身体はリラックスしていたほうがいいです。

 

 

歌う時には喉だけでなく、

身体も脱力しておいたほうが

歌詞のイメージや呼吸のポイントに

集中できるのではと思います。

 

 

ムリに腹式呼吸をする必要はない

 

また、ネットによく出てくる腹式呼吸も、

「腹式呼吸だからいい声が出る」のではなく、

「いい声を出すときに腹式呼吸になる」

というのが私の見解です。

 

いい声が出ているときは自然と

呼吸や歌声と腹筋が連動するようになります。

 

特に息を吐き出すときに顕著ですね。

 

 

喉の脱力や体のリラックスができていて

自然な声量の確保をしようとしたとき、

勝手に腹筋がギュッと締まるように

なりますので、難しいことは気にせず、

まずは前の記事で述べた音程などの

チェックから始めるといいかと思います。

 

 

 

 声の出し方のイメージについて

 

声は張りすぎない(声の音量)

 

バンドなどをやったことがある方は

分かるかと思うんですが、

大音量の演奏の中、ボーカルの声って

全然聞こえなかったりするんですよね。

 

 

しかし、絶対に声を張り上げてはダメです。

 

クセになりますし、

喉の脱力が全くできていないため

音程の調整が難しく、

歌のニュアンスどころの

話ではなくなってしまいます。

 

 

カラオケならそれほど気にする必要は

ないことですが、

バンドなどで悩んでいるときは、

マイク設定、ミキサーの見直しはもちろん、

いかに小さい力で声の音量を稼ぐか

試行錯誤する必要があります。

 

 

声の出す方向のイメージ

 

これはメチャクチャ

賛否両論のある話だと思うんですが…

 

 

これも音楽の先生は真上に向かって

声を出すイメージを教えると思いますが、

 

私は、それよりも

後ろに声を向けるイメージ

顔(特に鼻)に声を響かせるイメージ

いいのではないかと思っています。

 

 

先ほどの話にもあったとおり、

音の大きい演奏の中だと、

歌はどうしても張り上げてしまいがちです。

 

そこで、声を前ではなく後ろに出す

イメージを持つことによって、

音量の確保をしたままでも声が安定し、

音程の調整が楽になります。

 

 

ちなみに、私はこのイメージを持ってから、

初めて腹筋と歌が連動するようになりました。

 

音量を確保しながらの声のハリのキープに

腹筋を使っている感覚です。

 

 

このイメージを持つことによって、

自分の最高音のロングトーンが

楽になるのではないかと思います。

 

一度、誰もいないところで

試してみるといいかもしれません。

(身体と喉の脱力を忘れずに)

 

 

ちょっと気取って歌ってみよう

 

すぐに効果が出るのが多分これです。

 

 

あなたはカラオケで心を込めたり

気取って歌って、何故か点数が

下がった経験はありませんか?

 

それはおそらく、

そうやって歌うことによって、

音程がズレたことによると思います。

 

 

しかし、心を込めたり、気取って歌うのは、

普段出せないニュアンスを出せたりと

結構重要なポイントであります。

 

 

格好をつけて歌っても音程が

ブレないようになれば、

高音や声のニュアンスは

出しやすくなるし

割とすぐに歌声が変わるハズです。

 

 

歌がのっぺりと聞こえているときは

試しにカッコつけて歌ってみましょう。

 

 

 

 一朝一夕では身につかない

 

これらを無意識でできるように

 

歌う時には、歌詞のイメージや

呼吸のバランスなど、

ちゃんと歌おうとすると

考えることがいっぱいあります。

 

なので、前の記事や今回の記事の内容を

無意識に、身体で覚えられるように

練習する必要があります。

 

 

特に音程練習なんかは反復練習が必須なので、

録音したデータを成長記録としながら

楽しく練習していきましょう。

 

 

おまけ①:ミックスボイスについて

 

ネットによく出てくる「ミックスボイス」や

「ミドルボイス」についてなんですが、

 

www.asa-mushi.net

 

過去にこういう記事も書いていたんですが、

けっこう内容が重複しているんですよね。

 

 

ということは、

今回と前回のことをマスターすれば、

その歌声はミックスボイスなのでは

ないかと感じています。 

 

 

こればかりはボイトレの先生に

答えを教えてもらうか、

試行錯誤して納得できる歌声を

探すしかないのかなぁ~と思います。

 

 

おまけ②:リップロールについて

 

ボイトレ記事を漁っているとよく

「リップロール」という単語を

目にすると思います。

 

子供がよくやる、唇を閉じたまま息を吹いて

「プルルルル…」と鳴らすやつですね。

 

 

私も試行錯誤の過程でリップロールを

毎日やっていた時期もあったんですが、

半年くらい続けても、これが歌に

どう影響するのか分からなかったし、

効果も実感できませんでしたので、

記事には入れませんでした…

 

 

ちなみに私がよく見ていた説明動画です!

www.nicovideo.jp

 

 

リップロールをすることによって

喉の締め付けを改善できるとのことです。

 

一応試してみる価値はあるかと思います!

 

 

今回の記事まとめ

 

① 身体はリラックスさせる

 

② 歌と腹筋が無意識に連動するように

 

③ 声は張らずに柔らかいイメージで

 

④ 歌声は頭の後ろ、顔に響かせるイメージで

 

⑤ カッコつけて歌ってみる

 

⑥ これらを無意識に、歌詞と呼吸に集中

 

 

こんな感じですね!

 

質問はある程度受け付けられると

思いますので、気軽にどうぞ!

 

 

苦情は受け付けません!

 

f:id:asamushi:20180724191707j:plain

ええっ!

 

 

 

それでは今回はこの辺で!

 

訪問ありがとうございました!

スポンサーリンク