ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

私の子供もイジメられるんだろうなぁと思った件

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20180809183832j:plain

イジメっ子にはアッパーカット!

 

 

どーも!!こないだ祭りを見に行ったら

高校生10人くらいにバカにされて

非常にガッデムな雑記ブロガーあさむしです!

 

 

絶対に許さん…!(泣き声)

 

 

 

とはいえ、ホントは全然気にしてないし

どうでもよかったんですけど、

ちょっと思うことがあったので、

事の顛末と、高校時代のイジメについて

思ったことを書いておこうと思います!

 

 

ねぶた祭に行ってきました!

 

www.asa-mushi.net

 

↑ この日に、関東在住の友達のN君と

青森県のねぶたを見に行ったんですよね。

 

 

妻が妊娠中なので、ねぶたを見に行く

予定もなかったんですけども、

 

妹がファイナルファンタジー14(以下FF14)と

コラボしたうちわが欲しいと言っていたのと、

f:id:asamushi:20180809160922j:plain

 

ちょうど高校時代の友達のN君が帰省していたので、

妻には申し訳ないと思いつつ(ホントホント)、

青森市へねぶた祭りを見に行くことにしたのでした。

 

www.asa-mushi.net

※ 私の高校時代とN君との馴れ初め話はコチラから 

 

 

うちわ探し中にイベント発生

FF14コラボうちわ探しの旅

 

FF14コラボうちわの配布場所は、

公式サイトでも「会場のどこかで配布する」

としか情報がなく、

twitterで調べても、入手できない難民が

たくさんいたようで、とりあえず現場で

知ってそうな人を探すことにしました。

 

 

駐車場に車を停め、運行するコースに向かうと

運よくチョコボやモーグリの山車が倉庫から出てきて、

私とN君はダッシュで駆け寄りました。

こんな感じでキレイでしたよ~!

 

 

んで、山車を引っ張っているのが地元の高校生で、

スクウェア・エニックスの社員さんっぽい人も

いなかったので、とりあえず山車の近くにいた

体育会系っぽい黒光りに日焼けした高校生に

うちわの配布場所を聞いてみたんですよ。

 

 

・・・・・・

 

 

そしたら、

 

「今日は配布しないっすよ」嘘を付かれたり、

 

「あいつら絶対オタクでしょww」という

私をバカにする声が聞こえてきました。

(私の顔がイケメンに見えなかったようです) 

 

 

私は少し、(なんか懐かしい感覚だな)

と思いつつも、少しピキっときたので、

「なに?なんか言った?」と反撃したら

その場はしら~っとなったんですが、

 

おそらく私たちが去った後も

オタク扱いしていたと思います。

 

 

 

ま、ガキに何を言われても気にしないけどね。

(イキリオタク感)

 

 

 

 

気を取り直して、

うちわを持っていた子連れのお母さんや、

カップルで祭りを楽しんでいる大学生(?)に

配布場所を聞きながら歩いていたら、

 

通りすがりの優しいイケメンお兄さん

「よかったら差し上げましょうか?」

と言ってくれて、

無事にうちわを入手することができました!

(配布場所は結局見つけられなかったです…)

 

 

祭りが終わって、

妹にミッションコンプリートの報告をしたら

大喜びだったので、私は頑張って

探した甲斐があったなぁと思いました。

 

(めでたしめでたし!) 

 

 

体育会系の高校生ってニガテ

 

私が高校生の時に友達がほとんどいなかったのは

↑ の記事で書いたことがありました。

 

それは当時の私が幼稚だったからだと

思っていたのですが、

 

たとえ今の私が高校生になっても、

彼らのような体育会系の高校生とは

仲良くできないだろうなと感じました。

 

 

そういうこともあって、

当時イジメられていたのは私のせいではないと思い、

少し安心した一方で、

 

再来月に産まれる私の子供は男の子の予定だし、

こういう子達と仲良くできずに

イジメられてしまうかもしれないと感じました。

 

スクールカーストってくだらない

産まれてくる子のことを想う

 

わたしはスクールカーストの

ほぼ最底辺にいた人間でしたが、

今は、地元で燻(くすぶ)っている同年代の

誰よりも幸せであると確信しています。

 

 

仮に、子供が学校でイジメられても

ホントは気に病むほどのことじゃないし、

人生に悩む必要はないと思うんですが、

イジメられる本人はやっぱりツラいもんですよね。

 

 

かといって、スクールカースト上位にいるような

先ほど話した体育会系の高校生みたいな、

観光客を安易にバカにするようなバカ者にも

なってほしくありません。

 

 

運動ができて体がガッチリとしていたり、

武道の心得があれば、

イキってるような同級生の標的には

ならないんでしょうけどね…

 

 

 

アレもコレも詰め込むような育て方は

したくないしできないので、

 

子供が運悪くイジメられても、

自尊心を失わないように

導いてあげられるといいなと思いました。

 

 

兎にも角にも、

「ノリのよさ」をコミュニケーション能力と

勘違いした人間にはなってほしくないですね。

(コレが言いたかった)

 

 

ちょっとグチっぽくなっちゃった!☆ 

 

というのも、オタク文化が

クールジャパンと言われる現代に、

「ゲーム好きだとオタク」

みたいな平成初期みたいな感性の

高校生がいることに驚きました…

 

 

これもたまたま運が悪かっただけ

なのかもしれませんが、

どこにいてもオタクを迫害したがる輩

いるのかもしれませんね。

 

バンドマンなんか、どんなにかっこよくても

アニメオタクばっかりなのにね。(偏見)

 

f:id:asamushi:20180809181505j:plain

というか俺はオタクじゃないんだが…

 

 

 

それではこのへんで!

今日も訪問ありがとうございました!ペコリ

スポンサーリンク