ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

世紀末リーダー伝たけしってマンガ知ってる?

スポンサーリンク

 

 

ツイッターで回ってきたタグで、 

私を作り上げたゲーム4選ということで、

思い出のゲームを4つ挙げてみました。

 

どのゲームも記事を一つ二つは書けそうなくらい

思い入れがあるのですが、ふと、

私の人格の基礎となったマンガがあったことを

思い出せたので、語りたいと思います。

 

 

世紀末リーダー伝たけしって知ってる?

 

f:id:asamushi:20180724210002j:plain

初めて買ったジャンプコミックス

 

世紀末リーダー伝たけし(以下たけし)は

週刊少年ジャンプで1997-2002までの5年間

連載されていたギャグマンガで、

作者は、数年前まで「トリコ」を連載していた

島袋光年(しまぶくろみつとし)先生です。

 

主人公がオッサン顔のマッチョな小学1年生でして、

リーダー的な行動でクラスの悩みを解決したり、

仲間と共に詐欺グループを壊滅させたり、

ギャングチームを崩壊させたり、

魔界で魔力を操る悪魔たちと戦ったり…

 

ギャグマンガとバトルマンガを

行ったり来たりするところが特徴でした!

(上の画像の葉っぱをくわえたマッチョがたけし)

 

なんやかんやあって、たけしは2002年に

連載終了してしまいまして、

当時中学生になったばかりの私は

思春期直前であったにもかかわらず、

恋人を失ったかのように

ぽっかりと心に穴が開いたまま

青春時代へと突入するのでした…

 

その後、作者は連載終了後から3、4年後

別の雑誌にて、たけしを描き上げてまして、

一応は完結しております。

 

とはいえ、読み返すと連載後期から

息切れしていたのだろうなぁと感じますので、

ダラダラとたけしを続けずに「トリコ」を

描いたのは英断だったと思います。

 

f:id:asamushi:20180724211158j:plain

登場人物たち。だいたいみんな小学生

 

私の人格を作り上げたもの

 

私がたけしと出会ったのは、小学4年生の頃でした。

 

当時、親戚のアンちゃん家に泊まりに行って、

その時が週刊少年ジャンプとの

初めての出会いでした。

 

当時連載されていたI"s(アイズ)に興奮し、

モンモンとしていたのは別の機会に話しますが、

ちょうど4巻が発売されていた「たけし」の

遊園地の回が衝撃的すぎて、

夜に眠れないくらい笑っていました。

 

小学生の頃は「リーダー的パンチ!」とか

「○○さ~」とかいう口癖をマネしてみたり、

常にリーダー的な行動を心掛けていましたので、

私の真面目さはこのあたりから

育まれていたように思います。

 

中学校になってもこのありさまでしたし、

ゲームと人生を重ねすぎた青春 - ゲームと音楽と子育てと

で語ったとおり、当時は中二病も併発して

おりましたので、リーダー的な思考と

ピーターパンシンドロームが融合し、

究極の黒歴史モンスターが誕生したのでした。

 

いまではそのモンスターも、もうすぐ立派な父親です。

リーダー的な教育をしていきたいですね!

 

f:id:asamushi:20180724211529j:plain

クラスの優等生に対して叱咤するシーン

 

「たけし」は私にとってのバイブル

 

「たけし」はギャグマンガでありながら、

道徳の教科書のようなほっこりするような

人情話もありますし、大人でも

グッとくるような回もたくさんあります。

 

マンガ全体の雰囲気や絵のタッチ

「トリコ」とそれほど変わらないように感じますし、

古臭くは感じないのではないでしょうか。

 

読んだことがない人も、マンガ喫茶などで

読んでみても面白いかもしれません。

 

 

今日も訪問ありがとうございました!ペコリ

スポンサーリンク