ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

youtuberで成功したいならアイドルになれ!

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20180722192936j:plain

 

どうも、底辺ゲーム実況者のアキタこと、

新星雑記ブロガーのあさむしです。

(上の画像は関係ない人だよ。)

 

今回はyoutubeのチャンネル登録者数を

どうやったら増やせるか考えていきます。

とはいえ私はガチの底辺youtuberなので、

この記事に説得力はありません。

 

私のyoutubeチャンネル↓

www.youtube.com

 今のところ、見る価値がないことが分かります。

(チャンネル登録してくれてる16人は

きっと優しい神様です。)

 

 

私が経験したyoutuberのあれこれ

 

私がゲーム実況者としてデビューしたのは、

ちょうど1年くらい前のことです。

 

ゲーム実況が好きで、

「自分もゲーム実況者になって

 広告収入でボロ儲けだ!」

という甘い考えで始めてみたのでした。

 

結果は1年間でチャンネル登録者が16人

累計の再生数が2,400回となっています。

 

f:id:asamushi:20180722194848j:plain

 

ちなみにyoutuberが広告収入を得られるようになるのは、

チャンネル登録者数が1,000人必要です。

これが最低のスタートラインです。

 

私は1年で16人でしたので、このままのペースなら

単純計算であと63年で達成できそうです!

 

やったね!!!!

 

 

youtuberにデビューに失敗した原因

 

そもそも、面白い動画を作るぞ!というわけではなく、

なんとなく見てくれる人がいればいいな~という

消極的な考えで始めたのがいけなかったですね。

 

忙しい現代人や面白いものに敏感な子供の心を掴むには、

最低限は自信を持った面白い動画や、

役に立つ動画なりを作らなければなりません。

 

 

私が挑戦したゲーム実況というジャンルでは、

ゲームのリアクションだけでチャンネル登録者を

増やせるのは、喋りが面白いとか、アイドル風の

男性実況者とか、かわいい声の女性だけです。

 

それ以外は、ゲームのプレイがプロ並みか、

ゲームの役に立つ情報をまとめる人など、

少なくとも誰かを喜ばせる気持ちがないと、

youtuberで成功することはできません。

 

 

間違っても、ゲームのプレイに適当に声を当てて

再生数を稼げるということはありません。

エンターテイメントのエの字も知らなかった私は、

これに気づくまで1年かかりました。

 

f:id:asamushi:20180722202250j:plain

 

とはいえ、この経験はブログに活かせてると思うので、

プラスに考えていきたいですね!(震え声)

 

 

youtuberで成功するためには

 

大前提として、視聴者を喜ばせようという心構え、

ファンに継続的に見てもらうアイドルになる覚悟

が必要です。

 

なんとなく動画を作って、目立たないところで

活動しようという消極的な考え方では

ほぼ間違いなく視聴者を獲得することはできません。

 

 

また、動画を作るにも、声をキレイに撮るための知識や、

動画の掴みやオチを考えたり、

上手に何かを説明するチカラが必要だったりと、

決して簡単なものではありません。

 

今は知識がネットで簡単に手に入り、

動画投稿者になるハードルも低くなっているので、

少なくとも、自分は面白いことをやっているぞ

という軸がなければ、成功は難しいです。

 

f:id:asamushi:20180722205423j:plain

 面白いことをやれている人の図

 

 

才能があっても、続けなければ意味がない

 

どのyoutuberさんも「継続しなければならない」と

口を揃えて言います。

私の好きなyoutuberさんたちの概要欄を見ると

やはり5、6年は活動している人たちが多いです。

 

すぐに再生数が稼げるのはTVなどの映像を

加工、編集したものがありますが、

あれは限りなくブラックでしょうから、

絶対にやめましょう。

 

 

私もブログを書くのが楽しくて、

youtubeチャンネルを畳もうか悩んでますが、

そのうちに何か面白い動画を作るコツが

掴めるかもしれないので、

とりあえずは継続していこうと思います。

 

気分はエンターテイナー、そしてアイドル。

バズることを怖がらない心を持ちましょう!

 

 

読んでいただきありがとうございました!ペコリ

スポンサーリンク