ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

もうすぐ1人目の出産!子育ての心構えはどんな感じ?

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20180720184422j:plain

 

いつも読んでくれてありがとうございます!

 

 

最近、自己啓発系の記事ばかり書いてましたが、

実はワタクシ、あと2ヶ月ちょっとで第一子が産まれるので、

父親としてどのような心構えが必要なのか、

子にどういった考えを示せばいいか考えていたのでした。

(男の子の可能性大なので、男の子を想定した記事です。)

 

月齢別 赤ちゃんの成長カレンダー by 赤ちゃん行事カレンダー

 

 

今日は子育てについて考えや目標についてまとめます。

あくまで私の考え方なので、

アドバイスがあればご教示願います。

 

 

 

産まれてすぐの父親の在り方

 

産まれてから離乳食が始まる半年くらいは、

ミルク作りやオムツ交換や赤ちゃんをあやすので

手一杯なのだろうなと思います。

 

 

妻をサポートして、パンクしないように努めなければ。

 

離乳食が始まったら、

食事作りも一人前にできるようにならないとね。

 

 

信じられないのが、「育児は母親の仕事!」

と思っているお父さんが多いこと!

 

そりゃ年収500万とか1000万で、

ちょっと転んでも生活に支障がないくらい

稼げてるなら分からんでもないですが…

 

 

共働きなのに奥さんに育児を任せてるという

会社の先輩の話を聞くと、なんだかゾッとするのです... 

 

ほんのちょっとお手伝いしたり

気を遣うだけで奥さんが楽になるし、

夫婦生活も円満になるので、

協力した育児を心掛けたいですね!

 

 

半年を過ぎたころ

 

首もすわって、ハイハイも一人前で、

だんだんと分別もつき始めるころでしょうか。

 

 

このころから私がやりたいことは、

ズバリ絵本を読むことです!

 

滑舌のトレーニングもしていますし、

面白おかしく読んであげたいものです。

 

絵本を読んであげると、賢い子になりやすそうなので、

たくさん愛情を注いであげたいですね。

 

 

このころから離乳食が始まって、

子供のウンチが臭くなるみたいですね!

 

 

1歳を過ぎたころ

 

順調なら歩き始めるころですね。

 

 

誕生日が10月なので、11月中旬に雪が降る東北でも、

少し一緒にお散歩できるかも。

 

言葉も覚え始めるころでしょうし、一緒に遊んだり、

幼児向けの絵本も読んであげたいですね。

 

 

知育おもちゃも何か買ってあげたいところ。

積み木などからスタートかな?

 

 

1歳半を過ぎたころ

 

言葉も覚えて色々と話し始め、

だんだんイヤイヤ期が始まってくる頃かな?

 

 

親のストレスも溜まりやすい時期なのでしょうが、

グッとこらえて成長を喜び、

夫婦2人3脚で乗り越えていきたいところですね!

 

理想は鬼ちゃんなのです。↓

youtu.be

 

 

2歳から3歳にかけて

 

子供の人間性が養われていく

重要な時期ではないでしょうか。

 

 

運動や勉強だけでなく、

○○君が嫌い、○○ちゃんと喧嘩しちゃうなど、

子供の成長や悩みに寄り添ってあげたいところ。

 

 

間違っても「○○ちゃんはちゃんとしてるのに!」とか

「なんでそんなこともできないんだ!」

とは言わないようにしたいですね。

 

 

特に運動については、体いっぱいに遊ばせてあげて、

どんどん成長を促したいです。

 

将来どんなことをするにも、まずは運動神経や

体力があるのが前提であると最近気づきましたので、

なるべく外に出て、いろんな場所で遊ばせたいですね。

 

 

私自身、体を使うのが苦手で、歌を歌うのも楽器を

演奏するのも、練習に時間がかかりすぎるので、

やりたいことが見つかった時に

パパッと技術を習得できるような

 

f:id:asamushi:20180720140716j:plain

彼や

 

f:id:asamushi:20180720182922j:plain

彼のようになってくれると安心です。

 

 

せっかくこの世界に生まれるのだから、

大変なことが多くても楽しく生きてほしいです。

 

 

なにはともあれ元気に

 

そもそも元気に産まれてくれれば、と思います。

今から色々考えたところで、障害を持って生まれれば、

また違う苦労も出てくるでしょうしね...

 

 

父親として、新しい生命に責任を持って

幸せになるための人間力を

養ってあげたいですね!

(多分続きます。)

 

 

www.asa-mushi.net

続きました!

 

スポンサーリンク