ゲームと音楽と子育てと勉強

もうすぐ三十路を全力で青春する東北のお兄さんのブログです。

承認欲求に追い詰められる

スポンサーリンク

 

f:id:asamushi:20180725172211j:plain

(このサムネの人かわいい)

 

 

どーも!承認欲求に飢えていた

雑記ブロガーのあさむしです!

 

 

精神的に病んでいた頃に頭を埋め尽くした

承認欲求という存在。 

 

今回はいかに承認欲求を乗り越えるかを

記事にしていこうと思います!

 

 

承認欲求って厄介ですよねって話

 

リアルの生活で音楽活動をやっているおかげで、

中学生から初老の方々までいろいろな人と

関わるようになったわけですが、

繋がった人たちのtwitterのつぶやきからは

学校生活や社会生活に苦悩する

SOSのようなものを多く見られます。

(音楽をやる人は悩みが多いことが多いです)

 

 

誰かに認められたい、他人から好かれたい、

嫌われたくないなど、人によって様々ですが、

沢山の人が承認欲求に苦しめられています。

 

f:id:asamushi:20180725172650j:plain

逃がさないよ…

 

 

私も20代中ごろまでは承認欲求や自身の

アイデンティティによって苦しめられました。

 

会社で人に好かれたい、仕事で認められたい、

好きな人と一緒になりたいなど、

よくある悩みによって苦悩し、

結局何一つ上手くやることも

成し遂げることもできませんでした。

 

 

あのころの自分に必要だったものは

なんだったのでしょうか。

 

 

承認欲求=自信のなさ

 

誰かに自分を認めてもらいたい、

というのは自分に自信がないことと

イコールであると思います。

 

自分の足場が不安定なままがむしゃらに

頑張っても、傍から見れば余裕のない人に

写ってしまうし、余裕のない人は

魅力的に見えにくく、結果に肉体的にも

精神的にも無理をしてしまう上に

周囲からは不憫に思われてしまいます。

 

 

もしかしたら手を差し伸べてくれる人も

いるのかもしれませんが、

それで渇いた欲求が全て満たされることは

少ないのではないでしょうか。

 

 

他者からの承認欲求を求めているうちは、

自信を持つことが難しく、

他人の目を気にしてアイデンティティに悩み、

人に好かれるために無理をしてしまいがちです。

 

 

ではどうすればいいのでしょうか。

 

 

自信を持とう

 

どこでも聞くような陳腐な言葉であります。

しかし、自身を持つことは

生きていくうえでもっとも

必要な能力であると思っています。

 

では、自信を持つためには

どうすればいいのでしょうか?

 

自分を好きにならないとダメ

 

昔の私は、自分のことが

ほとんど好きではありませんでした。

(面倒なことに、自分のことが好きではない

というスタンスでいることが好きだった。)

 

 

社会に適合できないくらい真面目で、

面白いことが言えず、認められたいくせに

他人と関わるのは嫌いで、

不安から逃れるため陰口を言ってしまうなど、

決して悪いやつではなかったと思いますが、

人間的にはほとんど魅力がありませんでした。

 

 

もちろんこれは前職がブラック企業で、

極度の寝不足とストレスのせいで

歪んでしまったというのもありますが、

心のありようによっては

上手くやれた部分もあったハズでした。

 

f:id:asamushi:20180725174029j:plain

当時の精神状態の図

 

どうやって自分を好きになるか

 

今では自分を肯定できていますが、

実のところ、自分のことをどうやって

好きになれたのか覚えていません。

 

転職をきっかけに少しずつ社会のことを知り、

できた余暇時間で音楽を始め、

心のしこりとなっているものを見つめなおし、

気持ちの整理をすることに

力を注いだのだと思います。

 

 

分からないことは勉強し、

やりたいことはやるようにして、

そうしているうちになんとなく

社会の仕組みや人の心のことが

分かるようになっていきました。

 

 

自分を肯定できた一番のきっかけ

 

今の人間性を確立する一番の

きっかけになったのは、

バンドをやっていて知り合った

35才のボーカリスト(3児の父)の

ライブでのことでした。

 

 

歌唱が素晴らしいのに加え、

イケメンかつ体もしっかり鍛えて

なかなかのマッチョで、

MCもこなれていて面白かったのですが、

そのMCの中で、

 

「ワタシ鍛えるのが好きでね。

 こう見えてナルシストなのでねw

 皆さんもナルシストになりましょう。

 ナルシストになって

 みんなマッチョになりましょう。」

 

と、文章ではなかなか伝わりませんが、

ライブハウスは常に爆笑で、私はこのとき、

「あ、ナルシストってのはいいことなんだ」

と確信に近いものを感じました。

 

 

 

自分を高めれば承認はおのずと付いてくる

 

 

おそらくそのボーカリストは

陰口を言われてもほとんど

気に留めないのだろうと思います。

 

自分で自分を承認しているために、

そもそも他者からの意見や承認欲求に

いちいち心を動かされないのです。

 

 

また、自分のことが好きであるが故に

自分を高めることがそのまま快感であり、

ポジティブであり続けることで

気持ちに余裕ができ、

結果、承認欲求がなくとも

他者からは承認される人間となります。

 

 

逆に自分のことを好きになれないままでは

前述のように常に不安が付きまとい、

承認欲求に苦しみ、

他人の目を気にし続け、

アイデンティティに苦しみ…

 

といったようにいつまでたっても

負のスパイラルが続くことになります。

 

 

というわけで、

「承認欲求に苦しまないために

      ナルシストになる」

というのが自分なりの一つの答えです。

 

 

もちろんナルシストであることを

気持ち悪いと思う人もいます。

しかし、承認欲求から逃れるためには

まずは自分という人間を知り、

自分を好きになり、

自分で自分を承認する必要があります。

 

 

それに、どんなに周りに上手く取り繕うが、

必ず自分を攻撃してくる人は出てきます。

 

上手くいかなかったり悲しいことが

起きることが前提の毎日だからこそ、

自分の気持ちの足場を固めることが、

気楽に生きる一番の近道であると思います。

 

f:id:asamushi:20180725174921j:plain

人生楽しく!

 

今日も訪問して下さり、

ありがとうございました!

スポンサーリンク